採用情報先輩社員紹介

関東統括支店

埼玉支店 工事二課
チームリーダー

伊藤 友彦TOMOHIKO ITO

もっと幅広い事業を経験して
さらに成長できると感じて転職を決意

もともとLIXILの特約店に勤めていましたが、どうしても施工の範囲が決まってしまうので自分の成長が感じられずに、思い切って転職に踏み切りました。メーカー施工に対する憧れもありましたし、自分の力を存分に発揮したいという思いもありました。

リフォーム、メンテナンス、個人から法人まで事業範囲が広いLIXILトータルサービスなら、いろいろな製品を扱い、さまざまな体験ができる、さらなる自分の成長も感じられるはずと思ったからです。

判断力と決断力
現場を通じて得たスキル

成長を求めて転職をしたのですが、もっとも向上したスキルは判断能力だと思います。現場ごとにさまざまな状況があり、即決即断しなくてはならないことも多くあります。そういった場面で、知識や経験を土台にして自分で考えて最適・最良の選択をしなくてはなりません。

施工管理は日々、判断と決断の繰り返しです。さまざまな現場を通じて、技術・知識・経験のレベルが上がったと思います。大変なこともありますが、自分の成長も含めて将来性のある会社で仕事をする充実感を日々感じていますね。

施工士と心をひとつにできた瞬間に感じたやりがいと達成感

ある時、130kgをこえる製品を外からロープで3階まで引き上げねばならず、私も施工士さんに加わり、7人がかりで大変な思いをして搬入しました。普段の業務では味わえない達成感があり、一緒に搬入をした施工士さんたちと缶ジュースで乾杯したことは忘れられないでき事です。

現場の施工士さんと信頼関係を築き上げられたと感じる瞬間、心をひとつにできたと感じる瞬間は工事課の人間として大きな喜びです。

思い切って転職をした結果
仕事もプライベートも充実の日々

現在はチームリーダーとして後進の育成にも力をいれています。上司になってからは、部下の目線に立って話を受け止め、活発な意見交換ができる雰囲気作りを心がけています。

プライベートでは、マスターズの陸上競技に出場すること、3歳の娘と公園デートをすることが休みの日の楽しみになっています。プライベートも仕事も充実した日々を過ごすことができており、思い切って転職を決めてよかったと思っています。

転職にせよ就職活動にせよ、新しいステージにあがることを恐れずに、たくさんの会社を見て判断し、自分にとってもっともよい「決断」をしてほしいなと思います。

現在の仕事内容と1日のスケジュール

キッチン取付工事の施工管理を担当しています。
施工士・現場調査員・アシスタントへ指示を出し、工事が円滑にすすむようにコントロールする仕事です。また施工管理とは別にキッチン工事チームのチームリーダーを任されています。

とある1日のスケジュールSCHEDULE

  • 7:45

    出社出社と同時に現場の施工士さんから電話が鳴り始めます。電話応対から1日が始まります。

  • 8:30

    朝礼ラジオ体操と部署の朝礼で気を引き締めます。朝礼後はメールのチェック。

  • 9:00

    電話対応お客さま・営業・施工士からの電話対応、工事日程の調整などをデスクワークを行う。

  • 12:00

    昼食事務所内でお弁当、昼休憩。

  • 13:00

    昼礼課内での共有事項の打ち合わせを行い、午後の業務を開始。

  • 13:30

    現場訪問・電話対応現場に訪問して工事の進捗を確認。

  • 17:00

    当日の進捗確認と明日の予定整理当日の施工現場確認・明日の施工現場のチェック。完了報告が無い現場の施工士さんに問題なく完了するか現場確認。

  • 19:00

    退社翌日の自身の予定を確認して帰宅。

その他の先輩インタビュー記事